大阪府のオススメ切手買取業者一覧

今回は「大阪府で相続した切手アルバムや記念切手を売りたいんだけど信頼できるオススメの買取業者はないかなぁ?」といった疑問にお応えするため、切手の買取業者一覧や大阪府に関連する切手について、コレクターである管理人がまとめさせて頂きました!

大阪府では大阪市を中心に店舗型の買取店が軒を連ねています。また、出張買取に対応している大手業者もいるため、複数の買取業者に査定してもらうことも可能です。

大阪府の切手買取業者一覧

大阪府で切手の買い取りに対応している業者は下記の通りです。1枚数万円の価値があるエラー切手や古切手、大量の切手シートなどについては、買取金額が高額になる可能性があるため、複数の業者に査定(鑑定)をしてもらった方が良いでしょう。オススメの買取方法については「切手買取業者による買取方法」をご覧ください。

業者名 おすすめ買取方法
切手買取のバイセル 出張買取宅配買取
切手買取の買取プレミアム 出張買取宅配買取

業者名 住所
ギフトステーション千日前店 大阪府大阪市中央区千日前2丁目7-11
なかむら 大阪府大阪市天王寺区堂ケ芝1丁目5-18
よろずや駒川店 大阪府大阪市東住吉区駒川4丁目12-21
大阪アプセンター 大阪府堺市中区深井清水町3688
マルフク商会 大阪府大阪市北区茶屋町6-2
ファミリースタンプ 大阪府堺市堺区東雲西町4丁4-4
なんばチケットキング 大阪府大阪市浪速区難波中1丁目18-30
宝スタンプコイン 大阪府大阪市北区梅田1丁目2-2-200
おたからや上新庄店 大阪府大阪市東淀川区瑞光1丁目3-2
あいきスタンプコイン 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目13-28-101
ゴールドマイン 大阪府茨木市西駅前町4−120
グリーンチケット 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目22-18
お宝本舗えびすや 大阪府河内長野市南花台3-6-10
えびすや本舗高槻店 大阪府高槻市高槻町20-24
金券の店林田 大阪府豊中市螢池東町1丁目1-9
塩野質店 大阪府羽曳野市古市4丁目1-2
大阪府

大阪府のエリア一覧

「大阪市内全域」
大阪市(都島区、福島区、天王寺区、西区、港区、大正区、此花区、浪速区、西淀川区、中央区、東成区、生野区、東淀川区、城東区、旭区、住吉区、西成区、阿倍野区、鶴見区、淀川区、平野区、北区、住之江区)

「大阪市以外」
岸和田市、豊中市、堺市、藤井寺市、高槻市、泉南市、吹田市、泉大津市、池田市、守口市、枚方市、河内長野市、貝塚市、八尾市、茨木市、箕面市、富田林市、羽曳野市、寝屋川市、泉佐野市、大東市、和泉市、松原市、柏原市、摂津市、四條畷市、高石市、交野市、門真市、東大阪市

大阪府に関連する切手

大阪府に関連する切手としては「大阪逓信展覧会記念小型シート」「国際見本市10円切手」「国立文楽劇場開場記念60円切手」「古典芸能シリーズ切手(文楽)」「ふるさと切手」などが有名です。

ふるさと切手は近年発行された切手のため、骨董(アンティーク)としての価値はあまり高くありませんが、一部で買取価格が額面を超えるプレミアム切手も存在します。

大阪府のふるさと切手

文楽と中之島公会堂62円切手

文楽と中之島公会堂62円切手

文楽と中之島公会堂62円切手は初めて発行された大阪府を題材にした「ふるさと切手」です(1989年10月2日発行)。文楽とは人形浄瑠璃の系譜に位置する伝統芸能で、大阪に建てられた人形浄瑠璃の小屋が有名になり、後に”文楽座”という興行元で親しまれるようになります。

シートは20面(合計額面は62円×20枚=1240円)で構成され、実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)は「シート=1240円〜1800円」程度、バラ切手については額面の8割〜額面前後が買取相場ですが、シートについては保管状態が良ければ額面越えの買取になることもあります。

 

大阪城とビジネスパーク41円切手

大阪城とビジネスパーク41円切手

大阪城とビジネスパーク41円切手は1992年9月18日に発行された「ふるさと切手」です。発行枚数1600万枚でシートは20面(合計額面は820円)から構成されています。

実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)は「シート=820円〜950円」程度となっており、シートの買取価格は額面の8割〜額面前後が相場です。

なお、使用済み切手については通常「買取価格=0円〜数円」となっていますが、画像のような発行日の満月印(切手の真ん中に押印され、局・支店名や日付などが読める状態の消印)の物は珍しく数十円から百円程度での買取になることもあります。

 

地方自治法施行60周年記念シリーズ切手

地方自治法施行60周年記念シリーズ切手

画像は2015年10月6日に地方自治法施行60周年を記念して発行された「ふるさと切手」です(一部、大阪府1000円銀貨Bセットの付属切手として販売されました)。

発行部数は100万部、図案は「大阪城と文楽」「大阪府庁本館」「太陽の塔」「富田林寺内町」「泉州水なす」となっており、合計額面は410円(82円×5枚=410円)です。

通常の未使用品は額面前後での買取となっていますが、ローラー印で消印された使用済み切手が以前、1500円程度で取引されており、珍しい消印の使用済み切手の場合、額面越えの買取も期待できます。

 

第23回世界新体操選手権80円切手

第23回世界新体操選手権80円切手

第23回世界新体操選手権80円切手は1999円9月27日に発行された「ふるさと切手」です。画家としても活動するジミー大西氏が原画を担当したことでも有名で滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県内の各郵便局などで販売されました。

シートは20面(合計額面は80円×20枚=1600円)から構成され、実勢価格は「シート=1600円〜3000円」程度、指紋などが付着していない保管状態の良い品については額面越えの買取も期待できます。

 

スポーツパラダイス大阪2001

スポーツパラダイス大阪2001切手

スポーツパラダイス大阪2001切手は2001年4月3日に発行された「ふるさと」切手です。図案は「卓球をする雷神」「卓球をする風神」「ボウリング」「テコンドー」となっており、シートは20面(合計額面1000円)から構成されています。

実勢価格は「シート=1000円〜2200円」程度となっており、こちらも指紋などが付着していない保管状態の良いシートは額面越えの買取になることもあります。

大阪府の切手買取業者まとめ

いかがだったでしょうか?大阪府の切手買取業者は非常に多く、今回は一部のみ抜粋させていただきました。全てのお店について買取価格を調べたわけではありませんが、一般的なリサイクルショップについては専門性が低いため査定価格が低い傾向があります。

そのため、業者に買取を依頼するなら、クーリングオフ制度がシッカリした切手買取に強い下記のような業者に依頼した方が安心でしょう。今回の記事が切手の売却や換金の参考になりましたら幸いです。